FC2ブログ

大阪豊中、ブラジルコーヒーの店「Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA」のブログ。メニューやお店情報、ブラジル、音楽、ジャズ、コーヒー、焙煎、映画、活字等、毎日更新!

猫はうどん、犬は蕎麦

猫は絶対うどんだろう。
そして多分、犬は蕎麦だろう。

猫好きにはたまらん本

西加奈子『きりこについて』を読み思いついたのが表題。

多分、無類の猫好き。
昔からいつも猫が裏庭で寝ていて、いじくっていた。
大人になってからも、自分自身、数年前まで猫と一緒に暮らしていた。
猫的な世界や価値観に憧れ、猫小説、猫エッセイも大好き。
これは、環境や記憶をベースとしてこれまでの人生に染みついた習性のようなもの。
うどんもまた同様である。
関西人(大阪人)としてDNAに刻み込まれた習性であり決して消えることはない。
だから猫はうどん。

対して犬は異文化。
記憶にはない伝聞情報ではあるが、小さい頃、犬を飼っていたこともあり、
文字通り飼い犬に手を噛まれたらしい。
それが原因ではないが、何となく犬とは疎遠な人生を過ごしてきた。
嫌いなわけではないのだが、積極的に近づかなかった。犬への接し方を知らない。
蕎麦もまた同様である。
江戸っ子のように粋に蕎麦を楽しみたいのだが、
諸処のお作法やうんちくの障壁に拒まれている気がする。
何となくややこしそうな気がして、ついうどんの血が騒ぎ、蕎麦は遠のく。
だから犬は蕎麦。

最近は犬がいつも傍にいたという連れ合いの影響もあり何となく犬にも接近中。
街中や店の前を通り過ぎる犬をガラス越しに眺めるのも楽しい(犬種も憶えた)。
駐車場に行く途中、いつも愛想のよいビーグルに挨拶する(時々応えてくれる)。
些細なことだがこれまでの人生で体験したことがなく、実は新鮮に感じる。
まぁ、犬も悪くないのかな?
……ってな日々である。
せっかくなんで、ついでに蕎麦にもお近づきになりたい気もする。

 ちなみに著者、西加奈子は犬から猫へと転身したらしい。








スポンサーサイト
プロフィール

TIPO

Author:TIPO
大阪豊中、ブラジルをコーヒーと音楽で楽しむ店“Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA(チッポグラフィア)”の店主(と時々連れ合い)。2005年12月に開店して以来、気合で毎日更新中。果たしてどこまで続くのか意地になってます。

twitter
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ検索
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -