Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA

大阪豊中、ブラジルコーヒーの店「Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA」のブログ。メニューやお店情報、ブラジル、音楽、ジャズ、コーヒー、焙煎、映画、活字等、毎日更新!

新作一気に3種登場

秋も深まり新作がドシドシ登場しております。
昨日のエルサルバドル、エチオピアの続き、ブラジル、タンザニア、グアテマラです。

まずはブラジルの2016年度ニュークロップ

Flag_of_Brazil_svg.png
◎ブラジル 一番摘みブルボンピーベリー パンタノ農園 中煎り

【DATA】
生産者 ワグナー・フェレーロ氏
地域  ミナスジ州・パトスデミナス市
農園名  パンタノ農園
平均気温  18~24℃
スクリーンサイズ MKピーベリー
標高 1,150 - 1,180m
品種 ブルボン・アマレーロ

希少なブルボン種から、枝先に5-7%のみに収穫されるピーベリーという希少中の希少コーヒーです。
味覚特長としては、良質な酸味を持ち、カカオフレーバーやキャラメル香が心地よく楽しめます。
この時期のブラジルならではの雑味のないクリアさも見事です。

その他にも2種類

◎タンザニア AVIV農園 極深煎り

【DATA】
生産地域 Songea(タンザニア南部 Mbingaそば)
農園名 AVIV農園
品種 F6、N39などHybrid
規格 AAA

極深煎りの奏でる重低音でファンキーな苦み、スモーキーでクリアなコクがすっきりと楽しめます

◎グアテマラ ゴールデンバレンシア コロラド農園 中煎り

【DATA】
生産地 パレンシア地区はグアテマラシティーの東、約30Km。       
水分値 10.4
農薬検査 社外委託検査にて、基準値以下。
商品規格 SHB
精選方法 ウォッシュド式
収穫時期 1-3月
クロップ 2015/16
品種 ブルボン、パチェ、カトゥアイ、カチモール

味覚としては柑橘系の香り、黒糖のような甘味、赤ワインような渋みを感じます。
気持ち深めに焙煎してありますので、程よい苦みとコーヒー感が増し、バランスがいいです。

スポンサーサイト

PageTop