Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA

大阪豊中、ブラジルコーヒーの店「Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA」のブログ。メニューやお店情報、ブラジル、音楽、ジャズ、コーヒー、焙煎、映画、活字等、毎日更新!

水曜日の焙煎。

いよいよ土曜日開催!

豊中駅前バル

お得な前売チケットは本日限りです。
(なお当日券の販売もありますよ)

さて今朝の焙煎です。

★グアテマラ イスヌル農園パカマラ 中煎り

限定入荷のマイクロロットシリーズの第二弾です。
こちらも4キロのみの提供です。豆売りは200g1200円です。

ウエウエテナンゴ県のラ・デモクラシア市にあるイスヌル農園でつくられています。
170haという広大な農園は、現農園主のAlfonso Anzueto氏(2014年現在83才)1代で作り上げられました。
最初は数haからコーヒー栽培を始め、わずか20袋程度の生産でした。
その後栽培技術を向上さ、栽培面積も増やして現在の規模にまで発展しました。
このイスヌル農園でつくられている【パカマラ】をマイクロロットとして丁寧に収穫、精選、管理し、
グレインプロに入れて輸入しました。

カシスやレモン、ライチ、ドライフルーツ、青リンゴ、紅茶のようなの香り。
キャラメルのような甘味もあります。
クリーンで口当たりよく、アフターフレーバーにケニアっぽい香りがあります。
クリーンで、後味にフローラルな香りがふわ~~っと広がり、長く口の中に残ります。

【DATA】
農園名 Isnul農園(イスヌル農園)
農園主 :Alfonso Augusto Anzueto de Leon
(アルフォンソ アウグスト アンスエド デ レオン)氏
場所 ウエウエテナンゴ県 ラ デモクラシア市
栽培品種 カトゥーラ・カトゥアイ・パカマラ等
標高 1450-1900m
降雨量 :約1900mm/年
気温 15-24℃(平均19℃)
栽培面積 170ha
年間生産量: 約3000袋
水分値 10.9
生豆外観 薄緑色で均一。パカマラらしい生豆
商品規格 SHB EP (SCAA8欠点/300g)
精選方法 ウォッシュド (天日乾燥(+機械乾燥))
収穫時期 1-4月(開花期:5-6月)
クロップ 2014/15
品種 パカマラ

その他の焙煎です。

★タンザニアキゴマキボーディープブルー 極深煎り

★コスタリカセントタラス 中煎り

logo.gif

それではお越しをお待ちしております。
スポンサーサイト

PageTop