Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA

大阪豊中、ブラジルコーヒーの店「Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA」のブログ。メニューやお店情報、ブラジル、音楽、ジャズ、コーヒー、焙煎、映画、活字等、毎日更新!

音楽との出逢い

実はコンピレーションって結構好きなのである。

結構の音楽好きでも、コンピ嫌いという人も多い。
それはそれで何となくわかる。
持っていることによるその音への支配欲というか、所有性は薄く、フェティシュな収集性は喚起されない。
なんか邪道な感じはするのだろう。

珈琲通はやっぱりストレートでブレンドは素人とか言う俗説に似ているかもしれない。

でもコンピに求めているのは、出逢いなのだ。

誰かの私的な偏愛曲であったり、あるテーマに応じたチョイスや編集であったり、
何よりも自分が知らなかった音楽との出逢いなのだ。
コンピを通じて出逢った曲から、そのアーティストのオリジナル盤へと遡ったり、
その曲から別のアーティストを探したりする旅がある。
自分が知らなかった、出逢えなかった素晴らしい音が世界にあることが悔しいのだ。
そんな旅のきっかけのひとつがコンピレーションなのだ。

ディスクガイドも同じかもしれない。
一見素人向きの入門書の様でありながら、誰かの偏愛するものを集めたガイドって、
全てが自分の嗜好にあうことはなくても、これぞという1枚に出逢えるきっかけのひとつだ。

なんかそんな音楽との出逢いをイベントで生体験できないかとずっと思っていた。
目利きによる生でのディスクガイドを実際にその音を聴きながら楽しめたら最高だろう!

7iY_nH9o.png

日曜日のイベントはそんな思いで企画したものなのだ。
お馴染みの中川ワニさん。

中川ワニジャズブック

本業は珈琲焙煎人ながらジャズのガイド本を出すなどのジャズマニア。
そして関西のジャズフリーペーパーの編集でデザイナーの藤岡宇央さん。
誌面やイベントを通じて現代ジャズの発信を根強く行っている。

t02200315_0700100313310511334.jpg

最後に京都の古書 善行堂の山本善行さん。
古書ソムリエとしての著書も多数で「WAY OUT WEST」にもジャズコラムを連載中。
実は結構のジャズマニア。

51TcmQ-iimL__SY344_BO1,204,203,200_

間接的なニアミスはあっても、この三人が一堂に会するのは初めて。
それぞれに事前に

 「朝に聴きたい音楽」
 「昼に聴きたい音楽」
 「夜に聴きたい音楽」

というお題で3枚の音楽をチョイスていただいた。
それを当日イベント会場で実際の音と共に発表する。

3人×3枚の音楽との出逢いが待っている日曜日の昼下がり。

9枚の中から、一生モノの音と出逢えるかもしれない。
毎朝出掛ける前に聴きたくなる曲があるかもしれない。

中川ワニさんの珈琲と共に楽しむ、そんな音楽との出逢いのイベントを思い描いている。

スポンサーサイト

PageTop