FC2ブログ

大阪豊中、ブラジルコーヒーの店「Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA」のブログ。メニューやお店情報、ブラジル、音楽、ジャズ、コーヒー、焙煎、映画、活字等、毎日更新!

こだわるけど、執着しない

表題は座右の銘ではないけれど、
理想とする考え方であり、生き方である。

特に商売であるコーヒーに関してはいつも自分に戒めている。

よくメディアでは「店主こだわりの店」「こだわりの逸品」などと称される。
まさしく広報宣伝の常套句である。
確かに何事にもこだわらない店はどうしようもない。
提供するサービスなり、商品にこだわってこそ商いである。

でも実際のところこだわらない店は存在しない。

どこにでもある大手チェーン店ですらこだわりが存在する。
ただそれが組織ぐるみの成果であるため、個人の顔が見えにくく、
広域にわたってすべての店舗で均一化されるためアタリ前になっているだけ。

コーヒー屋はややこしい。
専門性やこだわりが高い店ほど、
単価の低い、サービス業にしては度を超えた敷居の高さがある。
頑固店主が苦虫をかみつぶしたような面でウンチク片手に
一般人の入店を拒むというステレオタイプなイメージが横行する。

ややこしいのは「こだわり」故ではなく「執着」故である。

嗜好品であるが故、
「こだわってなんぼ!」というコーヒーは豆であれ、焙煎であれ、抽出であれ、
少しでも横着して手を抜けばそれはすぐにわかる。
カップの中の液体は素直で、決して嘘をつかない。
個々の流儀に基づいたこだわりはスタンスであり、必要なものではあるが、
問題は「俺のコーヒーが一番だ!」という執着であり、
これがこの業界をややこしくする。

これは単なるエゴ。

嗜好品だから好きな人が好きなように好きなものを楽しめばよい。
そこには求道的な真実なんて存在しない。

所詮、たかがコーヒー。

カップ一杯の液体が、いつか、どこかで誰かを
ほんのひと時、ちょっぴり幸せな気分にできたらと願うのみである。

そのへんには面倒くさいので近づかない。
自分のコーヒーをより最良のものとするため切磋琢磨を惜しまないけれど、
決して執着せずいつもニュートラルで、のほほんと佇んでいたい。

いくつになっても他人の淹れるコーヒーを素直においしく頂きたいのだ。



コーヒー近況いろいろ

先日より登場している「ブルボン・クラシコ」です。

一目惚れで衝動買い

生豆の香りすら愛しく、
ブラジルとは思えない個性的な味わいに一目惚れして衝動買いしてしまいました。
当面、定番ストレ―ト、そしてブレンドの素材として活躍することでしょう。

水出しはこれで

突然の春到来と度重なる「アイスコーヒー!」というオーダーに負けて
異例の早い水出しアイスコーヒーデビューです。
先行でボサノヴァのアイスコーヒーのブレンドを微調整して、試作中です。

ぽたぽた

このポタポタがすっきりしたブランデーのような味わいを醸し出します。
ここで一句、

       水出しや粉にしみいる夏の声

あれ、どこかで聞いたことのある?
でもアイスコーヒーデビューをすすめた途端に寒さが戻ってしまいました!
もう笑うしかない。世の中そんなもんですね。

さらには待機中のコーヒー豆のライナップです。

ブラジル/ダテーラ農園 スイートイエロー 

昨年末の人気ブラジルが少量再入荷しました。

ブラジル/ダグアルダ農園 ブルボン種ピーベリー

ブルボン種の丸豆ばかりの希少品です。

ボリビア/ロストリオス農園

2008年カップ・オブ・エクセレンス入賞農園のティピカ種です。

どれも近日中に店頭デビュー予定です。

 3連休2日目、ぜひ春のコーヒーをご堪能下さい!!

さらに追伸………

コーヒーのフリーペーパー「甘苦一滴」No.9を店頭にて配布中です。


今週末のケーキ

●バナナと甘夏のスフレチーズケーキ

完熟バナナと甘夏マーマレードを組み合わせたフルーティなチーズケーキです。

●さつまいもとりんごの黒糖シナモンケーキ

小麦粉はほとんど使用せず、さつまいもとりんごをたっぷり入れました。地味だけど滋味。

●生チョコケーキ

ココアスポンジにガナッシュをサンドし、上からもコーティング。チョコ感たっぷり。

●桜のレアチーズケーキ

桜の花と桜あんで、はんなり春のチーズケーキ。

いずれも数に限りがありますので、品切れの際はご容赦下さいませ。
3連休も皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

枯葉買い

突然の春に、もはや冬は末期の水である。
そんな今日この頃とは無関係になぜか「枯葉」。

昔からこの曲が好きで盤選びの際、
枯葉買いはいまだにやめられない悪癖である。

……ということで、最近の獲物、枯葉2種盛り。

12分以上のカレハ~!

DAVID KIKOSKI、12:38の大作です。
ベースのイントロが延々と続き、後半にようやくいつものメロディーが。
来るべきメロディーをひたすら耐えることが大切なのを教えてくれる。
終わらない冬はない。今こうして春が来た!関係ないか?

原型とどめない8分

ORRIN EVANS、解体された8:10です。
冒頭からアブストラクトなピアノが続き、時折遥か彼方で枯葉っています。
それが快感のような、不快感のような微妙な気分?
オリジナルかのように見事に解体され、
「どこが枯葉やねん!」と突っ込みながら聴くのがベスト。

単なる偶然の一致だけれど、気が付くとどちらもレーベルはCRISS CROSS。
そしてミムラさんで入手した次の枯葉はコレ。
残念ながらこちらは鑑賞順番待ちのため、未体験枯葉のため3種盛りにはならず。

次の枯葉はコレ



カフェ・ハル

密かに続いている珈琲屋巡りです。
今回はなぜか花隈。

あまり意味なし画像

阪神間、神戸方面は縁がなく、どこにあるのか全く知らなかった。
ちなみに店はカフェ・ハル

昨今、最も興味深々なネルドリップの店です。
「萩原珈琲80周年記念コーヒー ジュリア」を注文。
ネル出し深煎りブラジルのスカッと抜けた苦味を堪能、これはうまいっす。

これでまたネル計画への確信へと一歩進め、チッポグラフィアのネル解禁は近い?

いつもながら画像なしで、意味不明の駅の案内板でごまかしてます。
カフェ・ハルでのジャズライブなどイベントのフライヤーが店頭にありますので、
カフェ巡り好きの方はどうぞ。

ブログの墓場

毎日ブログを書くことは、
まぁ(ほぼ)毎日焙煎するのと同じで仕事だと思っている。
何かとネタをみつけては綴っている。
同時に定期的にチェックしているブログもいくつかある。

ふと気がついた。
いつものブログがある日を境に更新がストップしていた時、
何が起こったのか不安になる時がある。
「忙しい」「長期旅行中」「面倒臭い」「飽きた」「ブログをやめた」さらには「病気になった」
「お亡くなりになった」………などなど勝手な憶測はどこまでも拡がっていくばかり。
理由が何であり、明記がない限り、想像の域をでないが、
名前はもちろん顔や素行も何も知らない人でも多少なりとも思い入れはあるはず。

発信者またはその関係する者が理由がなんであれ、
削除処理をしっかり行えば問題はない。
単なる放置が不安を掻き立てるのだ。

そうだネット上にはこうした無数の放棄されたブログの屍が累々と連なっているのだ。
まさに「死して屍拾う者なし」という決まり文句の通り!

死を予感した象が自らの意思で静かに墓場へ向かうかのように、
破棄されたブログがネットの墓場へと向かえば良いのだが、
ブログは動かない(アタリ前だ)。

人類のテクノロジーの進化の歴史から見れば、
ネットが世界的に普及してからそれほど長い年月ではない。
しかしその間、
いったいどれ程の破棄され放置されたままのHPやブログが存在するのだろうか?

考えるだけで恐ろしくなる。
きっとネットには魔物がいるに違いない。

定休日のうろうろ

自営業の定休日の宿命である買い出し。
尼崎のCOSTCOと大正区IKEAという大型店舗を
梯子するという流通の社会見学の様なコースである。

買うものは当然、店絡みばかり。
そのため資本主義的な買い出し三昧であるが、正直あまり楽しくない。

餓鬼の使いのような店主へのお駄賃は、
COSTCOのホットドッグとIKEAのミートボールである。

イケア名物?

ファーストフードというか、ジャンクフードというか、
先週に引き続き、
どうやら定休日は身体をいたぶるのが好きらしい。

でも、もうしばらくはいいわ………。

余談だが、
店内の目新しい什器を見て
「これ、IKEAですよねっ!」なんて突っ込みはなしよ

イルガチェフのモカ 2.0

エチオピア、イルガチェフ村のモカコーヒーが復活しました。

モカ輸入ストップ危機以来、いったんは店頭から引き上げていましたが、
新たな豆で新登場しました。
ネーミングは二代目襲名ということで、

    イルガチェフのモカ 2.0

で決定!
今回はチョイ深めに煎ってあるので、
フローラルなさわやかさの中にも、やわらかい苦味とコクが感じられます。
しばらくは定番化して店頭で提供いたしますのでぜひお試しください。

 価格は200g920円な~り


今週末のケーキ

●クッキー&クリームのベイクドチーズケーキ

今回はボトムにするかわりに、オレオクッキーを生地にざくざく混ぜ込んで焼き上げました。

●ホワイトチョコとオレンジのNYチーズケーキ

クリーミーでさわやかなチーズケーキです。

●チョコバニラケーキ

しっとりチョコレートケーキにバニラの風味をプラス。

●さつまいもとりんごのはちみつシナモンケーキ

さつまいもたっぷり。発酵バターを使用してます。


今週末も皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。



Dave Peck/Out of Seattle

鍵盤を抱きしめているジャケットは思わず買ってしまう。

お決まりポーズ再び

これを勝手に「抱きしめジャケ買い」と呼ぶことにする。

肝心のピアニストの詳細は知らなくてもはスタインウェイのピアノを抱きしめながら、

1 Solar
2 Lonely Town
3 Come Rain Or Come Shine
4 You And The Night And The Music
5 I Loves You Porgy
6 With A Song In My Heart

なんて選曲をやられると、大方聴く前から予想が付く音であり、
やっぱりその手の音が好きなので仕方がない。

そして予想通りの音が展開され、しっかり堪能する。
まずまず手堅いの盤探しのセオリーである。

果たして抱きしめジャケットにはずれなし?





プロフィール

TIPO

Author:TIPO
大阪豊中、ブラジルをコーヒーと音楽で楽しむ店“Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA(チッポグラフィア)”の店主(と時々連れ合い)。2005年12月に開店して以来、気合で毎日更新中。果たしてどこまで続くのか意地になってます。

twitter
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ検索
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -