FC2ブログ

大阪豊中、ブラジルコーヒーの店「Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA」のブログ。メニューやお店情報、ブラジル、音楽、ジャズ、コーヒー、焙煎、映画、活字等、毎日更新!

音楽と珈琲

店主が丁寧に珈琲を点てるのを何気なく見つめていた。

人生における揺りかごから墓場のように
あらかじめ定められた各工程を手際よくこなしていく様は
傍から見ていても気持ちよかった。

カウンターに音もなく差し出されたカップとソーサー。
巧みなマジシャンが仕掛ける技のように、気が付くと目の前にあった。
立ち上る湯気からは淹れたてのコーヒーの香りが漂う。
カップを手に取り、そっと口元へ忍ばせる。
至福の瞬間である。

 「何か音楽を流しましょうか?」

店主が控え目な様子で尋ねた。

そういえば、音楽が流れていなかった。
店の奥にはスピーカー、カウンターの背面にはアンプとプレイヤーが並び、
何よりも数百枚のLPレコードが作り棚に行儀よく、起立していた。

P1010511.jpg

不思議と違和感はなかった。
店主の問いかけまで、この店に音がないことに気が付かなかった。

 「普段は流しているのですか?」
 「ええ、ほぼ一日中」
 「でも今日は静かですね」
 「何となくそんな日もあります。」
 「そう」
 「でも音楽が流れていないと、間が持たないというお客様もおられます」
 「僕は大丈夫」
 「それなら安心です」
 「今は店でもエレベーターでも音楽があふれていて、何も流れていないことが珍しいかも」
 「そうですね」
 「音楽が珈琲を引きたてることもあれば、逆に音がない時の方がおいしく感じることもあります」
 「そうですね」
 「よく考えると、不思議ですね」
 「音楽のない時は、頭の中でにぴったりの架空の音楽を奏でているのかも知れません」
 「その方が先入観や制約がなく、自由か?」
 「そうですね。でも、うちもこんな静かなひとときは稀にしかありません」
 「そうか、たまたまタイミングの良い時に来たんだ」
 「そうですね」
 「ありがとう。おかげで珈琲を堪能できました」 
 「こちらこそ、ありがとうございます」

脳内で奏でられた架空のサウンドトラックを思い起こした。
細部は妙にリアルで工場の精密機械の様に設置されているのだけれど、
全体としては霞がかかったように曖昧で抽象的な音楽だった。

ただ、一つだけ確かなのは、あの店の珈琲には程よくマッチしていたこと。
スポンサーサイト
プロフィール

TIPO

Author:TIPO
大阪豊中、ブラジルをコーヒーと音楽で楽しむ店“Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA(チッポグラフィア)”の店主(と時々連れ合い)。2005年12月に開店して以来、気合で毎日更新中。果たしてどこまで続くのか意地になってます。

twitter
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ検索
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -