Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA

大阪豊中、ブラジルコーヒーの店「Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA」のブログ。メニューやお店情報、ブラジル、音楽、ジャズ、コーヒー、焙煎、映画、活字等、毎日更新!

John Nazarenko

何十枚ディスクを買っても、残念ながら繰り返して聴くのは一部のみ。
これは結構気に入った。

nazarenko.jpg

まずはリチャード・リンクレイターの映画
『スキャナー・ダークリー』のような画質のジャケットが気に入った。

1 Bouncin' With Bud
2 Invitation
3 But Not For Me
4 All the Things You Are
5 Paint It Black
6 It's a Raggy Waltz
7 Green Dolphin Street
8 But Beautiful
9 How Insensitive
10 Wish You We Here

というわかりやすいスタンダード選択に
ストーンズやピンクフロイドが素で並んでいるところが気になった。

聴いてみて、結果はもう一度聴こう!
屈指の名作ではないけど、繰り返して愛でたい盤である。
まことに、日々あたりはずれに一喜一憂する盤探し。

スポンサーサイト

PageTop

OPEN!!

営業中!!

P1010456.jpg

デカい画像です。
この大きさは店主の叫びでもあります。
「ちゃんと開いてるよ~!休みじゃないよ~」という悲痛な声です。

臨時休業の後はいつも不安になります。
「忘れられたらどうしよう?」と不安に囚われます。
ということで、今日からは月曜日定休を除きしっかり商います!

どうぞお越しやすぅ。

PageTop

明日からは通常営業

ちょっと遅めの夏休みも終わり、明日からは通常営業いたします。
あっという間の5日間でした。明朝は早起きして、しっかり焙煎します。
早いもので。もう9月。いよいよコーヒーもオンシーズンとなります。

 さぁ、どうぞおこしやす。

PageTop

Hanako WEST|

何も変ることなく大阪へ帰ってきました。
今日は人間ドック攻めで少しブルー。
さてさて、一応宣伝。

0810.jpg

特集【大阪全ガイド】にてチッポグラフィアをご紹介いただきました。

PageTop

まだまだ臨時休業

臨時休業中。

夜には大阪へ戻ってきているはずです。
有形(主にCD)と無形(主に記憶)のお土産いっぱいのはず。

そして明日は、戻ってきていきなり人間ドックへ。
身体資本の自営業では必要なことなんだけど、やっぱり気が重い。

11122609(1).jpg

PageTop

今日も臨時休業は続く

今日も東京。
臨時休業は続きます。

これは予告編みたいなもんです。
というのは書いているのはまだ日曜日だから。
ひょっとしたらとんでもないことが自分自身に起こっているかも知しれません。
はたまた東京でも大阪でもあまり変わり映えのないことをしているかも知れません。
映画でも予告編が一番面白いという説もあります。

蛇足ですが、最近の映画予告編で多用される
早い速度のフェード・アウト&フェード・インのカットのつなぎがかなり苦手。

実例として、公開中『ダークナイト』の予告編を参照

元々カットのつながりに少しでも違和感を感じると
映画自体にのめりこめなくなる性質です。
(例えば、映画の冒頭から本編までの導入ショットなどが顕著)
状況説明、時間操作、心理操作などモンタージュこそ映画の真髄です。
誰がやり始めたのかは知らないけど、最近この手法が多すぎます。
テンポ良く、リズムを作りたいのかも知れないけど、
そしてそのたびに「イラッ!」とくるのです。

マニアックすぎる?まぁ、関係のない、どうでもよいお話でしたね。

PageTop

臨時休業中

誠に勝手ながら、
本日8月25日(月)~29日(金)
は臨時休業となります。
チッポグラフィアもちょっぴり遅い夏休みです。

今日から2泊3日で東京へ。
何をしに行くのか、いまいちはっきりしませんけど、
気持ち的には多分コレ 

record map

3日間のうち自由時間(嫁と別行動)も強制的に与えられたので
ガイド片手に、レコードジャッキー根性丸出しで楽しんいるはずです。

    時制が微妙なのは出発前にアップしている記事だからね

PageTop

温度計

かなり、マニアックな話。
というより、同業者以外にとっては、全くどうでも良いお話かも?

P1010746(1).jpg

焙煎機の温度計の表示はふたつ。

釜内のコーヒー豆に触れる部分に設置している焙煎温度計
(正確な豆の温度を計測しているわけではなく釜内の空気の温度で近似的に測定)
と煙突へとつながる排気温度計。
先日、排気温度計を抜き、表面にへばりついていたカーボンを掃除。
案の定、センサー部分にコテコテにススがへばりついていました。
排気と焙煎温度計は、通常は排気が10~30℃高く表示されるのですが、最近はなぜか逆転。
掃除以降は、ちゃんとこんな風に表示され、ちょっぴり気持ちよかった
奥歯に物が挟まったような日々が続いていたのですが、これでようやくすっきり。

              

とここで終わってしまうと、
「それがどうしてん!」とあまりにも説明不足なので、蛇足を少々。
元来、コーヒー“マニア”なお話は苦手。
ジャズやら、映画の“マニア”なお話は平気ですが、
意図的にコーヒーに関しては話題として避けています

まぁ、ここまで書いてしまったので最後まで続けます。

焙煎時、温度計はあくまでも目安に過ぎず、絶対的な基準数値ではありません。
周囲の温度や湿度といった環境要因、釜の状態、焙煎量などによるブレが大きく、
結局は豆の状態を目視しながら、相対的に経験値で判断するしかありません。

今回は恐ろしくて焙煎温度計には触れなかった。

なぜなら、数値が正確か、不正確かによらず、
これを基準値(目安)として作業を行っている以上、定点の変化は極めて危険だから。
目視による視覚情報と数値化された温度との相対こそ、経験のすべてで、
基準が変化すると、相対化が困難になります。

よくよく考えると、視覚、聴覚、嗅覚、触覚などでの情報も同様です。
現実世界にあるがままの絶対情報ではなく、体内のセンサーで受信し、
信号化され脳へと伝わり、情報として主観的に判断されます。
伝達時に誤動作、錯覚、偏向、歪曲といったステップは避けられません。
時として、真実とは極めて曖昧で主観的なもので、基準を疑い出すときりはありません。

そしてカップのコーヒーの味わいも同様。
基準となるのは各々自分勝手に機能する味覚のみ。
絶対的なおいしいコーヒーが存在するのではなく、
「誰か」が「おいしい」と感じる液体が存在するのみです。

だから面白んですけどね。

PageTop

サマーセール開催中

瞬間の雨は結構あったような気がするけど、久しぶりの雨?

P1010743(1).jpg

コーヒー豆全商品100円引きセールは継続中です。

今朝は深煎りブレンド「サラヴァ!」を追加焙煎しました。
いよいよ中盤。多分、もう焙煎は予定していないので、売り切れ御免。
在庫の少なくなっている豆もあります。

ぜひ、お早めにお越しくださいね。

PageTop

本日SALE開始

 SUMMER SALEが始まりました。 

今日から3日間(24日まで)コーヒー豆在庫一掃の全商品100円引き(200g)です。

現在のラインナップです。いろいろ選びたい方は、お早めどうぞ!!

アマレロ(やわらか系)太陽の味わい

◎ショーロ(ブレンド)リアレンジして復刻した定番ブレンド 
 モカをベースにグアテマラとブラジルの優しい味わい
 900円→800円

◎国境の南(メキシコ シカモール)さわやかで甘酸っぱいメキシカ~ン
 960円→860円

◎ボゴタで朝食を(コロンビア)やわらかな苦みがさわやかにひろがるマイルドコーヒー 
 900円→800円
              
ヴェルヂ(アンサンブル)樹々の味わい     

◎ミルクチョコレートのような(ブラジル ドイスイルマンス農園)
 コンテスト入賞の新豆
 ダークチョコレートを思わせる苦味の中に、バニラやクリームを感じ、
 ミルクチョコレートと称された逸品
 960円→860円

◎リンダッ!(グアテマラ)程よい苦味とクリアーなさわやかさが人気の一品 
 900円→800円

◎自由という名のコーヒー~リヴリ(ブレンド)  
 四重奏の奏でる自由の叫び!酸味と苦みが一体となった、まったり感が人気の定番ブレンド
 900円→800円    

アズール(しっかり系)空の味わい
◎マンデリン アチェ!(インドネシア)アーシーな香りとやわらかい苦味が複雑にひろがります 
 980円→880円                

◎四代目アフリカの叫び(ケニア ルイスグラシア)コクの中にも柑橘系のさわやかさが
 980円→880円

◎サラヴァ!(ブレンド) しっかりした苦味とコクの深煎りブレンド
 900円→800円

その他のブレンド
◎ボサノヴァのアイスコーヒー 900円→800円

◎サンバのアイスコーヒー 900円→800円

◎#2222(エスプレッソブレンド) 900円→800円


  ※上記表示はすべて税込み200gの価格です 
   

PageTop