FC2ブログ

大阪豊中、ブラジルコーヒーの店「Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA」のブログ。メニューやお店情報、ブラジル、音楽、ジャズ、コーヒー、焙煎、映画、活字等、毎日更新!

ブラジル・ブラジレーロ

怒濤ブラジルニュークロップ6農園連続企画の第2弾です。

p06_ph2.gif


今回は大好きなセラード。
コンテスト“’07/08 Cup of Progresive Cerrado”のウオシュド(水洗式)部門第2位の農園。

ダグラス・ブラジレーロ氏の「フォリャードス農園」のブラジルコーヒーなので、

       ブラジル・ブラジレーロ

とネーミングいたしました。

もちろんいつもながら焙煎人の個人的解釈による勝手なネーミングです。
“ Brasileiro”とはポルトガル語で“ブラジル人”ですが、
厳密にはこの人はDouglas A. Brasilerioと綴りが微妙に違うので、
ネーミングはインチキポルトガル語です。
ゴロだけですので、細かいことは気にせずいきましょう。
さぁ、ご一緒に御唱和しましょう!

        ブラジ~ル!ブラジレ~ロ~!

 読まなくてもよいデーター

 農園 フォリャードス農園
 生産者 ダグラス・ブラジレーロ
 地域 ミナス州パトロシーニョ地域
 標高 950メートル
 精製方法 ウオシュド
 品種 ムンドノーボ
 収穫時期 2007年7月

さて肝心のカップです。
今回の仕上げは中煎り。
御見事!大好きなブラジルらしい味わいです。
(といっても個人的嗜好を押しつけても仕方がないのですけど)
販売元の案内によると

 アーモンドの香ばしさやカカオの香りが主体で、微かなフルーツや蜂蜜の香りが感じられます。
 他の入賞豆に比べ酸味が少ないこともあり、甘みを感じやすく日本人に好まれるタイプです。


だそうです。
ホントか嘘かはあなたの舌先次第です。
でも確かに絶妙に自分の好みを付いている。
まずは、どうぞお召しあがれ!

本日より200g980円で豆売りおよび喫茶にて提供開始いたします。


スポンサーサイト
プロフィール

TIPO

Author:TIPO
大阪豊中、ブラジルをコーヒーと音楽で楽しむ店“Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA(チッポグラフィア)”の店主(と時々連れ合い)。2005年12月に開店して以来、気合で毎日更新中。果たしてどこまで続くのか意地になってます。

twitter
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ検索
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31