FC2ブログ

大阪豊中、ブラジルコーヒーの店「Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA」のブログ。メニューやお店情報、ブラジル、音楽、ジャズ、コーヒー、焙煎、映画、活字等、毎日更新!

苦悶の“BUT NOT FOR ME”

ひとりで焙煎している時、
店の片づけをしている時、
駅までぷらぷらと歩いている時、などなどぶつぶつと唄っています。
頭の中で湧き出る音楽の断片を繰り返しています。

でもあくまでも断片。
スタンダードソングのあるバースをひたすら針のとんだレコードのように繰り返します。
そして天性の絶対“無”音感のゆえ、当人にしかその曲が何であるかは判明せず、
傍からは苦悶のつぶやきを繰り返しているようにしか思えません。

さすがにお客様がいる時は社会人としての自制により黙っていますが、
連れ合い相手には全く遠慮なく。

最近のつぶやき度数が高い曲が“BUT NOT FOR ME”

346.jpg


お気に入りのSliding Hammers のアルバム『SINGS』にも収録。

数多のジャズディスクを彷徨っていると、偶然にも同じ曲が何度も現れることがあります。
いわゆるスタンダードソングなのですが、
意識的に曲で盤を選ぶのか、無意識に盤が曲を選ぶのかは不明ですが、
気が付くと同じ曲ばかりを聴いています。

例えば、

129.jpg

846.jpg

555.jpg

458.jpg


……てな具合に同時多発に各地に出現。
単なる偶然なのか、ジャズスタンダードの神様の見えざる手腕によるものなのか?

そして今日もまた苦悶の“BUT NOT FOR ME”をつぶやきます。

“They're writing songs of love, not for me……”

スポンサーサイト
プロフィール

TIPO

Author:TIPO
大阪豊中、ブラジルをコーヒーと音楽で楽しむ店“Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA(チッポグラフィア)”の店主(と時々連れ合い)。2005年12月に開店して以来、気合で毎日更新中。果たしてどこまで続くのか意地になってます。

twitter
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ検索
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31